未経験でもハウスクリーニング業ができる|フランチャイズ制度を利用

小売店や飲食店で人気

レジスター

利便性の高さ

POSレジは、コンビニなどの小売店や飲食チェーン業界でよく利用されています。ちなみにPOSとは、販売時点情報管理というもので、自動的に売上データを集計可能な機能のことを指します。近年ではタブレットタイプのPOSなど、簡単に取り入れることができる種類が増加しており、チェーン店ではない飲食店でもPOSレジを採用するケースが増えています。POSレジの一般的な機能には、注文の報告、売上データの集計や分析、予約や顧客の管理、店舗データの一括管理などがあります。注文の報告は、ハンディを利用して、料理人にいち早く正確に注文を報告する機能です。売上データの集計や分析とは、どのタイミングで、どういうメニューが、いくらで、どれだけ注文があったかというデータを自動で計算し、いつでも最新の情報を確認することができます。また予約や顧客の管理とは、席と連動した予約管理や、顧客の来店情報や食べ物の好き嫌いなどの情報をまとめて、より良いサービスに活用する機能です。POSレジを使用した際のメリットとしては、注文に費やす時間をカットできたり、販売量のデータ管理によって、仕込みにおける無駄が大きく減ったなどが挙げられます。その他には、集計作業が短くなり、閉店後の業務が軽減されるメリットもあります。またチェーン店のそれぞれの売上の比較も、簡単にリアルタイムで行える点です。初期設定や簡単な練習がPOSレジでは必要ですが、すぐに使いこなすことが可能です。